不動産売却の前に知っておきたいこと|小樽市・ニセコ・富良野エリアの不動産売買なら「日本信達株式会社」

売却する前に知っておきたいこと

売却する前に知っておきたいこと

  • HOME
  • 売却する前に知っておきたいこと

不動産売却の基礎知識

不動産売却の基礎知識

「初めての不動産売却、何をどうしていいのか分からない」とお悩みの方へ。不動産売却にあたっては、まずは基本的な知識を持っておくことが大切です。

こちらでは、北海道小樽市の不動産会社「日本信達株式会社」が、必要な費用や税金、また不動産会社の選び方など、不動産売却についての基礎知識をご紹介します。豊富な実績・ノウハウを持つ当社へ、何でもお気軽にご相談ください。

不動産会社の選び方

不動産売買は売主買主双方にとって、大きな出来事です。どこの不動産会社に一連の作業を依頼するかは、慎重に選ばなければなりません。こちらでは、不動産会社の選び方をご紹介します。

不動産会社選びのポイントとは?

不動産会社選びのポイントとは?

「不動産会社」と一口に言っても、得意とする分野はそれぞれ異なります。例えば、賃貸物件を多く取り扱う業者もあれば、新築戸建て住宅の販売に力を入れている業者もあるといった具合です。
つまり、不動産売却を依頼する際には、「売却を得意としている」「売却の実績が多い」不動産会社を選ぶことが大切です。また、売主様の売却予定の不動産と同様の物件を多く取り扱っているか、その地域・エリアに強いかなども重要です。さらに、どのような販売活動をしてくれるか、広く宣伝してくれるかといったことも、不動産売却の成功につながるポイントだと言えるでしょう。
当社は、国内だけでなく海外への情報発信なども積極的に行っているなど、豊富な実績と独自の販売ルートに定評があります。どうぞ安心してお任せください。

不動産会社担当者のここをチェック!

不動産会社の業態や得意分野を知ることに加えて重要になるのは、「信頼できる会社であるか」ということです。大切な不動産を任せるのですから、担当者のスキルや人柄、相性も大切な要素です。以下のポイントをチェックしてみましょう。

  • 不動産を相続したが活用方法が分からず放置している
  • 相続した賃貸アパートの運営が難しい
  • そもそも相続税が払えるのか不安だ
  • 離婚にあたり財産分与することになった
  • 親から受け継いだ実家が空き家になり、老朽化が進行
  • 放置している空き地の税金が負担
  • 遠方にある不動産をどうにかしたい

じっくり話をして、「この人なら任せられる」と思える担当者を見つけましょう。

売却時にかかる諸経費(主な費用と税金)

不動産売却にあたっては、主に以下の3つのタイミングで諸経費が発生します。それらの諸経費を売却金額から差し引いた額が売主様の利益となります。事前にしっかり理解しておきましょう。

売買契約締結時
仲介手数料 不動産売買契約が成立したら、仲介をした不動産会社に成功報酬として仲介手数料を支払います。この金額は宅地建物取引業法によって定められています。
印紙税

不動産売買契約の締結時に、契約書に貼付する印紙代です。契約金額により税額が異なります。

1,000万円~5,000万円以下 1万円
5,000万円~1億円以下 3万円
1億円~5億円以下 6万円


査定評価のポイントとコツ

不動産を売却したいと思ったら、「いくらで売れるのか」を知るため、不動産会社に査定を依頼してみましょう。査定を行うことで、売り時や諸費用を知ることが出来ます。また、ローンがある場合は完済できるかどうかまで分かります。こちらでは、査定評価のポイントや、評価を上げるコツなどをご紹介します。

周辺施設

近隣に学校や病院、商業施設があるかなどは、評価が高くなるポイントです。公共交通機関との距離などの交通の便も重要です。

日当たり

「南向き」「ひな壇にある」といった日当たりの良い不動産は、高評価を得やすいと言われています。

土地の方位

土地の南側に道路が接している、角地であるなど、方位も評価につながります。

土地の形状

平坦地にある長方形の土地は建物が建てやすく、日照時間も比較的有利になるため、評価が高まりやすくなります。

間口・幅員

幅員が4m以上であると評価につながります。土地の場合は家を建てることを前提とし、建物がある場合には建て替えなどもふまえるためです。

建物・土地の状況

建物の場合は築年数が評価に直結します。また内装や外装の状態も関係します。更地であれば、残置物・埋設物などは撤去しておいたほうがいいでしょう。

水回りほか設備の状況

家の中では、キッチンやお風呂場ほか水回り設備の状況やグレードもチェックされます。また、太陽光発電機や床暖房設備といった最新設備があるとより有利です。

社会情勢

土地や建物自体の条件ではなく、増税などの社会的な要因も不動産購入のニーズに影響を及ぼします。その結果、査定額にも変動が生じます。

売却方法一覧

仲介売却

仲介売却

もっとも一般的な不動産売却方法である「仲介売却」は、売主様の代わりに不動産会社が物件を売る方法です。販売活動から条件・価格などの交渉・調整、売買契約締結の手続きまでを全て不動産会社が行います。

売主様が希望する条件に合った買主様が現れるのを待つため、「少しでも高く売りたい」方におすすめです。売却に時間をかけられる方に適していると言えるでしょう。

仲介売却について詳しくはこちら

自社買取

自社買取

不動産会社が、売主様から直接不動産を買取る方法です。仲介売却のように買主様探しなどの販売活動を行わないため、すぐに売却・現金化が可能です。

自社買取は、不動産会社がリフォームすることをふまえて買取金額を設定するため、売却価格は仲介売却よりも低くなる傾向があります。しかし「すぐに売りたい」「現金に早く変えたい」という方におすすめです。仲介売却のような「長く売れ残るリスク」もありません。

自社買取について詳しくはこちら